×
×

LADIES
レギュラー・チェストジップ・ポパイ ホットスーツ(3.5mm・4.5mm)
適正温度:
3.5×3.5mm 水温5~12度 / 気温0~15度
3.5×3.5mm
水温5~12度 / 気温0~15度
4.5×4.5mm 水温2~8度 / 気温-5~10度
4.5×4.5mm
水温2~8度 / 気温-5~10度
  • 生地の素材について
  • 有料オプション

    POINT1柄 ¥8,800(税込)
    7mmブーツ ¥3,300(税込)
    W足首 ¥-7,700(税込)

※生地の種類/厚さ/の選択(必須)、有料オプション/無料オプション項目は必要に応じてチェックを入れてください。

※カラー/マークの選択(必須)は、下段↓方向にあります「ORDER COLOR SIMULATION」より選択後、「直接オーダーする」ボタンをクリックしてカート画面へお進みください。

※LIMITEDのカラー/マーク選択は、カート画面下段にあります「採寸情報入力」をクリックして採寸情報画面でカラーの選択をしてください。


*オーダースーツは1着ずつご注文ください。

ディーラーでのご注文は、ディーラー一覧より最寄りの店舗をご確認ください。

ディーラーの方は専用のフォームよりお問い合わせください >

真冬の極寒サーフィンを快適に楽しめる高性能なブーツ一体型スーツには2種類のシステムがあります。
「SEAL」はストレッチファスナー、「POPEYE」は防水ファスナーを用いた仕様の違いです。

 

防水ファスナーを使用した「POPEYE」はインナー構造も無く、大きく開く開口部からの脱ぎ着は「SEAL」よりも楽に行えます。
スーツ本体は、防水ファスナーは伸縮が無いので胸、脇周りに余裕を持たせた作りになります。
「SEAL」に比べてスーツ内に空気が溜まりやすいので身体を縮めた状態で首からの空気抜きが必要となります。
また、胸くらいまで水に浸かった状態で首を広げて空気抜きも可能です。

 

何よりも楽な脱ぎ着を優先する方、大きめなサイジングがお好みの方は「POPEYE」HOTSUITSをお勧めいたします。

 

POPEYEは首から入った水をブロックするインナー構造が無いためフード(首までのキャップ)を着用していない場合SEALより体への水の侵入が多くなります。フードを着用しない期間が多い方はSEALをお勧めいたします。

 

ファスナーの違いの他には、生地の厚みと種類です。生地の厚みは、3.5mm、4,5mmの2種類です。主に、3.5mm厚が主流ですが、東北や北海道のような極寒地エリアでは4.5mm厚の需要もあります。

 

すべてのHOTSUITSは、インナーで調整して着用することが必須になります。
※インナーは、スノーボードやスキーウェア、登山などのインナー着用をオススメいたします。ファーストレイヤー、ミドルレイヤーなどを重ね着するなど、気温に合わせて調整する事で、より快適に暖かさを保つ事が可能です。

 

二重構造の両手首は、グローブを挟み込むように装着します。取り外し可能なストラップも標準装備されており、グローブ内への海水の侵入が最小限に抑えられます。

 

生地の種類は、最も需要の多い伸びと強度をバランスよく併せ持つ「SDJ」マテリアルと、温かく汗などの水分を吸収、拡散して消臭効果もある「SMJ」マテリアルのいずれかの生地よりお選びいただけます。

 

ロゴマークは、レディースロゴ、レギュラーロゴよりお選びください。

 

開発ストーリーはこちらからご覧いただけます。
「ホットスーツ開発ストーリー」

 

ORDER COLOR SIMULATION

お好みの色を組み合わせた自分だけのデザイン
カスタムオーダーも承っております

※ALL4.5mm厚をお選びの場合、POINTにBK以外のカラーを選択した場合はPOINTパネルが3.5mm厚生地になります。BKを選択した場合はPOINTパネルは4.5mm厚生地です。

OPTION COLOR

COLOR CHARTを見る  + 

COLOR CHARTを閉じる  – 

商品に関するお問合わせはこちらから