タイプ別適正水温・気温に関して

DOVEでは、従来の春夏秋冬という概念でのウエットスーツの分け方は取りやめました。縦に長い日本列島。北は北海道、南は沖縄では、一概に同じウエットスーツとは言えません。そこで近年の気候も考慮し、適正水温・気温でお選びいただけるようにいたしました。ご利用する環境にあわせて、ぜひお選びください。enjoy surfing!!!!

1)ホットスーツ(ブーツ一体型スーツ)
水温2〜15度 / 気温-5〜15度

冬の極寒地で使用可能。関東などでは、2mmホットスーツが真冬にオススメです。
一般的に、ドライスーツと言えばダイビングなどで使用する、空気弁のある完全防水のスーツになりますが、サーフィン専用ドライスーツとは異なります。
ダブでは、ホットスーツということで開発を進めてまいりました。
2mm〜4.5mm生地厚で、運動・機能性を考慮して素材も柔らかく、極限まで体にフィットするような構造の為、空気弁が無く、首や手首部分から水が浸みてきます。
綿素材以外の速乾性のあるインナーウェアで調整して着用することをおすすめします。
DOVEオリジナル専用のグローブやキャップ(フード)なども合わせて着用すると保温性が高まります。

細かな目安
■2mmホットスーツ
水温10〜15度 / 気温5〜15度
■3.5mmホットスーツ
水温5〜12度 / 気温0〜15度
■4.5mmホットスーツ
水温2〜8度 / 気温-5〜10度

※水温、気温によってインナーウェアーも薄手・厚手の物を使い分けて着用するとにより快適なサーフィンが楽します。
また、DOVEオリジナル専用のフードを着用することで保温性だけでなく、首からの水の侵入も軽減します。

2)セミドライスーツ
水温5〜18度 / 気温5〜18度

主に冬の海水温の低い時期に使用します。
3mm〜5mm生地厚の長袖、長ズボンの表面にスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側が起毛素材です。
真冬のサーフィンでは、DOVEオリジナル専用のブーツやグローブ、キャップ(フード)なども合わせて着用すると保温性が高まります。

細かな目安
■3×3mmセミドライスーツ
水温12〜15度 / 気温10〜18度

■4×3mmセミドライスーツ
水温12〜15度 / 気温8〜18度

■5×3mmセミドライスーツ
水温10〜15度 / 気温5〜18度

■5×5mmセミドライスーツ
水温8〜12度 / 気温5〜15度

※DOVEオリジナル専用のグローブは、1mmと3mm厚の2種類があります。
ともに、日本製の高品質なので防水性・保温性も高いので、地域の水温や気温に合わせて活用することで快適にサーフィンが楽しめます。

3)フルスーツ
水温15〜20度 / 気温15〜20度

主に春、秋の時期に使用します。
2mm〜3mm生地厚の長袖、長ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
夏でも、海水温の低い地域や、海水温が低下した時にも着用します。

▼細かな目安
■3×2mmフルスーツ
水温15〜20度 / 気温15〜20度

■3×3mmフルスーツ
水温15〜18度 / 気温15〜20度

※3×2mmフルスーツは、両袖の生地厚が2mmになります。生地厚が薄くなれば運動性が良くパドリングも軽くなります。
3mm厚の両袖は、保温性が高くなり2mm厚生地よりも温かくなります。
また、スキン素材を選択するこによって、風が吹いてもジャージ素材より身体を冷えから守ります。

4)シーガル・L/Sスプリング(ロングスプリング)
水温18〜22度 / 気温18〜25度

▼シーガル
主に春に使用します。
2mm〜3mm生地厚の半袖、長ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
外気温は高いが海水温は低い時に着用します。

■3×2mmシ−ガル
水温18〜20度 / 気温22〜25度

※スキン素材を選択するこによって、風が吹いてもジャージ素材より身体を冷えから守ります。

ロングスプリング
主に秋の時期に使用します。
2mm〜3mm生地厚の長袖、半ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
外気温は低いが海水温が高めの時に着用します。

■3×2mm L/Sスプリング
水温20〜22度 / 気温18〜22度

※スキン素材を選択するこによって、風が吹いてもジャージ素材より身体を冷えから守ります。

5)スプリング・ロングジョン
水温18〜25度 / 気温25〜30度

▼スプリング
主に春〜夏の時期に使用します。
2mm〜3mm生地厚の半袖、半ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
外気温、海水温ともに高い時に使用します。

■3×2mmスプリング
水温20〜25度 / 気温25〜30度

※夏の暑い時期でも身体を冷えから守ります。また、着用することで浮力効果もあり、衝撃からも身体を守ります。

▼ロングジョン
主に春〜夏の時期に使用します。
3mm生地厚の袖無、長ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
外気温は高いが海水温が低い時期に使用します。

■3×3mmロングジョン
水温18〜22度 / 気温25〜30度

6)ショートジョン・ジャケット・S/Sジャケット・ベスト・サーフパンツ
水温22〜25度以上 / 気温25〜30度以上

▼ショートジョン
主に夏の時期に使用します。
3mm生地厚の袖無、半ズボンの表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
外気温、海水温ともに高い時に使用します。

■3×3mmショ−トジョン
水温22〜25度 / 気温25〜30度

※夏の暑い時期でも身体を冷えから守ります。また、着用することで浮力効果もあり、衝撃からも身体を守ります。

▼ジャケット
主に夏の時期に使用します。
2mm生地厚で上半身のみ長袖の表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
保温にもなり、強い日差しからの日焼け防止にもなります。
サーフトランクスなどと合わせてファッション性も楽しめます。

■2×2mmジャケット
水温22〜25度 / 気温25〜30度

※夏の暑い時期で、風が吹いても身体を冷えから守ります。
強い日差しでは、DOVEオリジナル専用のサンシェードハットやサンシェードキャップで頭皮を日焼けから保護します。

▼S/Sジャケット
主に夏の時期に使用します。
2mm生地厚で上半身のみ半袖の表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
保温にもなり、強い日差しからの日焼け防止にもなります。
サーフトランクスなどと合わせてファッション性も楽しめます。

■2×2mm S/Sジャケット
水温22〜25度 / 気温25〜30度

※夏の暑い時期で、風が吹いても身体を冷えから守ります。
強い日差しでは、DOVEオリジナル専用のサンシェードハットやサンシェードキャップで頭皮を日焼けから保護します。

▼ベスト
主に夏の時期に使用します。
2mm生地厚で上半身のみ袖無の表面はスキンやカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
保温にもなり、サーフトランクスなどと合わせてファッション性も楽しめます。

■2×2mmベスト
水温22〜25度 / 気温25〜30度

※夏の暑い時期でも身体を冷えから守ります。また、着用することで浮力効果もあり、衝撃からも身体を守ります。
強い日差しでは、DOVEオリジナル専用のサンシェードハットやサンシェードキャップで頭皮を日焼けから保護します。

▼サーフパンツ
主に夏の時期に使用します。
2mm生地厚で表面はカラージャージ、肌が触れる裏側はジャージ素材です。
腰の保温にもなります。

■2×2mmサーフパンツ
水温25度以上 / 気温25〜30度


強い日差しでは、DOVEオリジナル専用のサンシェードハットやサンシェードキャップで頭皮を日焼けから保護します。
また、メンズアンダーL/Sやフード付きラッシュガードも日焼け防止アイテムになります。