各 ZIP TYPE の特徴
ABOUT ZIP TYPES

CHEST ZIP

  • CLASSIC フルスーツ

  • REGULAR フルスーツ

ストレッチファスナーを大腕部から胸部にかけて配置。
直線では無く曲線に配置する事でファスナーの距離を稼ぐと共にファスナー自体が持つストレッチ性能により違和感の無い着心地と運動性能をもたらしている。
パターンにもファスナーの違和感が無いよう程よいゆとり、袖の角度など調整がされている。
開口部が大きくスムーズな着脱が可能。防水性も高い。

商品を見る

NON ZIP

  • MADTAILOR フルスーツ

  • CLASSIC フルスーツ

  • REGULAR フルスーツ

インナーネック部分から着用しフラップを被りベルクロで止めるシステム。
ファスナーが無い背中部分はストレスが無い。冬物はインナーネック部分が高くなっており水の侵入を軽減させている。
フラップ部分のネック形状もTBネック(折り返す構造)、フード一体型が選択可能で色々なバリエーションでオーダーが可能。

商品を見る

BACK ZIP

  • MADTAILOR フルスーツ

  • CLASSIC フルスーツ

  • REGULAR フルスーツ

背面にファスナーを縦に配置。着脱がしやすく、肩回りのストレスが無い。
冬物は簡易防水ファスナーがオプションで選択可能。
胸囲、腕周りにファスナー無いため全身フィットしたシルエットで作成されている。

商品を見る

HALF CHEST

  • MADTAILOR フルスーツ

  • REGULAR フルスーツ

胸上部に設けたショートジップが特徴的な「HALF CHEST」は片側のみが開くエントリー部から着脱するシステム。
少ないパーツで作られた肩、首回りはパーツの重なりが少ないため動きやすく軽い着心地です。
ハードなコンディションなどでもフラップ部が外れる心配が無いのも特徴。
グーフィー、レギュラーで開口部の向きを左右選択可能。
ライディング時に開口部が後ろ側に来るようにする事で水の侵入を軽減させています。

商品を見る

FRONT ZIP

  • CLASSIC フルスーツ

  • CLASSIC シーガル

前面にファスナーを縦に配置。前面にファスナーが有るため水の侵入が多く夏のみの仕様。
ジャケット、ベストで使われることが多い。バックジップ同様全身フィットしたシルエットで作成。

商品に関するお問合わせはこちらから