2018.06.26 | NEWS

DOVE STAFF BLOG

人口波施設・ウェーブプール建設計画浮上?!千葉県・木更津市/ News

 

25日、サーフィン競技用の人工波施設ウェイブプールの建設計画が千葉県の木更津市で浮上し、24日住民説明会が非公開で行われた事を、ニュースメディアが発表した。

(毎日新聞詳細)https://mainichi.jp/articles/20180625/ddl/k12/050/022000c

 

二ュース内容によると:建設予定地は、同市笹子の館山自動車道「木更津北インター」の近く。砂を採取した跡地で、東京ドームの約12個分(約57ヘクタール)の広さ。今年3月までに用地買収を終えた。

関係者によると、有名サーファーが統括する米国企業が昨年3月、日本法人(東京都港区)を設立し、建設事業に着手した。

(※これは、WSLのことを言っており、ケリースレーターを始めWSL関係者がいよいよ本格的に動き出したことになる。)

ウェーブプールの大きさは長さ580メートル、幅約150メートル。電子制御で人工波を発生する装置を備え、高さ最大約2メートルの波を起こす。計画では今年9月に着工し、来年12月の完成を予定。開業は20年1~3月を目指し、市と開発許可をめぐる事前協議をしている。

また、住民説明会では、日本法人が主催し、笹子地区の「東清公民館」で開かれた。住民ら約50人が参加した。参加した男性の話では「特に反対する意見は出なかった」という。

 

確かに海の自然の波での競技をした場合、オリンピック側が指定する開催日程が決められ、もし仮に波が小さかったり悪天候の状況では、かなり無理があることも考えられる。しかし、やっとサーフィンがオリンピック競技種目に入る又とないサーフィン界の発展に大きく期待が掛かる事なので、サーフィン界の重大なニュースであることには間違いない。

この人口波に関しては賛否両論もあるが、先日行われたWSLファウンダーズ・カップを見て衝撃を受けた方も多いはず。更にWSL・CTツアー第8戦・Surf Ranch Proが9月に行われる予定なので、着々とその動きが明らかになるでしょう。

今のところオリンピックのサーフィン会場は、一宮町の釣ケ崎海岸と決まっている状態なので、今後どうなるのか注目したいと思います。

 

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

latest

最新記事

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

商品に関するお問合わせはこちらから