2018.10.18 | GALLERY

DOVE BLOG

ラストタイフーン・セッション Part 4 / 種子島プロフリーセッション黒川楓海都: Photo by Naoya Kimoto

 

先日からラストタイフーン・セッションと題して、台風24・25号の波をスコアしたDOVEライダーらのフォトストーリーをサーフィンフォトグラファー木本直哉氏が収めたショットを連載紹介。

第4弾は、関西出身の現在、DOVEの本拠地・湘南は平塚に住みファクトリーマンとして働き、JPSA 及び WQS の試合に参戦している”ヤングガン”黒川楓海都プロです。Kaito Kurokawa / @Factory

これから紹介する写真は、先日行われた種子島プロの際にシュートされたビッグサーフ。

前回の沼尻プロのショットも凄かったが、彼も果敢にチャージしチューブをメイクしていました。

その数多くの連写ショットをご覧ください!!

Kaito Kurokawa @Tanegashima・Typhoon No24 Swell.

Photo: Naoya Kimoto

Deep Tube Ride・24Sequense

Photo/ Naoya Kimoto

Bttom to Off the top / 4Sequense

Photo: Naoya Kimoto

Deep Bottom turn to Tube ride / 25Sequense

Photo: Naoya Kimoto

ここ種子島は、楓海都プロが幼少の時期に一時住んでいた島。その後四国に家族で移住しリバーマウスで培ったチューブライディングのお陰か、こういった場面でキッチリ決めてくる。

この時の試合も絶好調で良い感じに勝ち上がっていたが、ラウンド3で終了間際に逆転され敢え無く敗退してしまった。

現在のランキングは34位。

そして、本日からJPSA第7戦・CHIBA ICHINOMIYA PRO に出場する為、現地入りしています。

残すところあと2戦で今期のJPSA戦が終了するので、ここで頑張ってシード入りを目指して欲しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

商品に関するお問合わせはこちらから