×

2018.12.14 | ISA/WSL

DOVE BLOG

SUPライダー 横山貴代プロ・ISA World SUP &PADDLEBOARD Championship 2018レポート

DOVEの本拠地・湘南は、昨日までの寒気も少しだけ緩んだ感じですが、皆様いかがお過ごしですか?

中越〜東北の日本海エリアは、雪が降りかなり積もっている様で、本格的な冬が始まっています。

風邪など引かない様気をつけて年末をお過ごしください。

まず最初に、昨日お伝えしたパイプラインマスターズのトライアルラウンドに出場した脇田貴之プロは、惜しくもセミファイナルで敗退する残念な結果に・・・今回行われている波のコンディションが今ひとつで、ジャンクと言うか本来のパイプラインでは無かったので、脇田プロは本領発揮を出せずと言う結果でした。あともう少しで本戦出場権をゲット出来ただけに本当に惜しかったです。

次は、ワイメアで行われるエディーアイカウ・メモリアルコンテストに今季もインビティーされているので、ここは気を取り直してぜひ頑張って欲しいです。今回クイックシルバーからスポンサーが変わり地元の企業が主力で開催されます。

そして、招待出場選手は下記の通りです。

グラント・ベイカー
ルーカス・チアンカ
ロス・クラーク-ジョーンズ
ダニーロ・コート
シェーン・ドリアン
ネーサン・フレッチャー
ジョン・ジョン・フローレンス
ネーサン・フローレンス
サニー・ガルシア
アーロン・ゴールド
マーク・ヒーリー
メイソン・ホー
ブルース・アイアンズ
ビリー・ケンパー
ケアラ・ケネリー
ジーク・ラウ
カイ・レニー
ロング・グレッグ
ケアリイ・ママラ
ギャレット・マクナマラ
ジェイミ・ミッチェル
ジェイミ・オブライエン
ジョエル・パーキンソン
マクアカイ・ロスマン
コア・ロスマン
ケリー・スレーター
脇田貴之
イアン・ウォルシュ
デイブ・ワッセル

20フィート以上の大波でないと開催されないこのコンテスト。今回は果たしてオンされるか楽しみです。

そして本日の本題です。

DOVE SUP Proライダーの横山貴代プロが先日、中国海南島で行われたISA SUP世界選手権大会に日本代表として参戦しました。

Photo: NSA Website

Photo: NSA Website

帰国した横山プロから送られてきたレポートを写真付きでご覧ください。

ISA World SUP &PADDLEBOARD Championship 2018☆CHINA HAINAN

横山プロ:今年も代表権利を得て、中国海南島で行われたISA SUP世界選手権大会に参戦してきました。

今回は、初種目U18テクニカルレースのメンバー、パドルボードのメンバーとフルメンバーで参戦してきました。

波の状況に合わせ当初の予定を変更して、SUPから開始しました。

チームメンバーの堀越ゆうか選手が4位とメダル獲得!

続いてテクニカルレースが予選から行われました。予選を通過でき決勝では9位でフィニッシュ!

後半、場所を替えて18kmロングディスタンスレースに参戦。

かなり気温も高くハードなレースとなりましたが、全力を尽くしました。結果は13位。チームメンバーの佐藤ゆか選手が4位で見事にメダルを獲得!

Rider: Takayo Yokoyama

日本チームは6位メダルには届きませんでしたが、過去最高の成績となりました。

自分自身も悔しい場面もありましたが、全力を尽くす事が出来、また一つ良い経験ができました。

日頃から、応援、サポートしてくれている方々に深く感謝致します。

この経験を活かし今後も頑張っていきます!

 

またサーフィンとは違ったパドルを使ったアスリートの世界・・・過酷な自分との葛藤や精神力が試される試合です。

横山プロお疲れ様でした。

そしてレポートと写真をありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

latest

最新記事

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

商品に関するお問合わせはこちらから