×

2016.02.29 | 未分類

DOVE BLOG

脇田ファミリー・ノースショアライフ/#2 “Takayuki Wakita” @VolcomPipePro

脇田ファミリー・ノースショアライフ#2 / “Takyuki Wakita” @VolcomPipeProです。

20160228134413.jpg

2月上旬に行なわれた Volcom Pipe Pro

最終日まで勝ち上がり、6〜10ftセットが押し寄せる素晴らしいコンディションの中で戦った脇田貴之

Round 1 : Heat4

20160228202418.png

選手全員が良い波を掴めずに手こずる中、何とか2位通過でラウンドアップした脇田。コンマ数点の差で勝敗が決まる接戦をものにした

Round 2 : Heat8

20160228202933.png

日本人3人との対戦だったが、アベレージスコアを2本まとめ2位で通過。

20160228201623.jpg

Sequence

20160228203715.jpg

20160228203746.jpg

20160228203829.jpg

20160228203859.jpg

20160228203921.jpg

20160228203946.jpg

20160228204047.jpg

20160228204110.jpg

20160228204133.jpg

20160228204157.jpg

20160228204221.jpg

20160228204333.jpg

20160228204249.jpg

20160228204411.jpg

20160228204441.jpg

20160228204505.jpg

20160228204536.jpg

20160228204618.jpg

20160228205125.jpg

Round 3 : Heat7

20160228203226.png

このヒートはグッドスコアーをGETし、チリ出身の若手アップカマーのカルロスムーニョを抑えラウンドアップした。

Sequence

20160228213012.jpg

20160228213039.jpg

20160228213106.jpg

20160228213133.jpg

20160228213156.jpg

20160228213347.jpg

20160228213447.jpg

20160228213510.jpg

20160228213536.jpg

20160228213558.jpg

20160228213630.jpg

20160228213712.jpg

20160228213734.jpg

20160228213758.jpg

20160228213837.jpg

20160228213905.jpg

20160228213939.jpg

エディーアイカウとこの試合の晴れ舞台を実際の目で見て応援したいが為に、急遽来島した戸倉会長と

ラウンドアップした安堵の優しい目で見つめる脇田

20160228211504.jpg

Round 4 : Heat 3

20160228214558.png

いよいよラウンド4になると豪華メンバーが勢揃いするヒートとなり11Xワールドチャンプ、ケリー

昨年の WCT / PipeLine Mastersで一躍有名になったジャックロビンソンとハワイ出身のWCT選手

イズィキルロウとの対戦となった。

真剣な眼差しで波を見つめる姿は、闘志がみなぎっている事が伝わる。

20160228200952.jpg

ヒートに挑む脇田貴之 / 後ろにいるのは、水中フォトグラファー神尾氏

20160228201102.jpg

一歩一歩砂浜を踏みしめラインアップポジションへ向かう緊張の瞬間だ。

20160228201040.jpg

最終日は、パイプコンテストに相応しいサイズとクオリティーで会場は大盛り上がりを見せた。

20160227210654.jpg

Sequence / #1

20160228195310.jpg

20160228195512.jpg

20160228195613.jpg

20160228195806.jpg

20160228195841.jpg

20160228195902.jpg

20160228195931.jpg

20160228195957.jpg

20160228200022.jpg

20160228200043.jpg

20160228200109.jpg

20160228200221.jpg

20160228200300.jpg

20160228200336.jpg

手前にいるのはケリースレーター。王者との対戦に怯む事なく立ち向かった。

20160228201352.jpg

やはりここパイプラインは時として牙を剥き、世界のトップレベルだろうが容赦なくサーファーに襲い

かかることがあり、脇田選手も途中板が折れレスキューされるシーンもあった。

20160228225754.jpg

Set wave / Sequence

20160228223648.jpg

20160228223717.jpg

20160228223750.jpg

20160228223910.jpg

20160228223951.jpg

20160228224028.jpg

20160228224125.jpg

20160228224254.jpg

20160228224326.jpg

20160228224401.jpg

20160228224434.jpg

20160228224513.jpg

20160228224555.jpg

20160228224615.jpg

20160228224637.jpg

20160228224715.jpg

テイクオフから底惚れする特大の波をフリーフォ−ルする姿は、これぞBanzai PipeLine

だがピークだけがそそり立ち、ショルダーまで巻き上がるチューブの形成ならず、プルインする波では

無くなり、残念ながら点数を稼ぐ事が出来なかった。

しかし、タッチダウンしたあとの絵になる様なボトムターン姿勢は、今まで幾度とも無く突っ込み

培ったパイプチャージの真髄ではないだろうか。

そして脇田選手は、このラウンド4で健闘虚しく敗退してしまった。

同じチームメイトの若手ライダー村上舜と共にラウンド4まで勝ち上がった事は、我がダブにとって

歴史に残る1ページとなり、これからの世界に向かって行く希望の光となったのではないだろうか。

そして昨日、脇田選手から一通のメールが届いた。

来シーズンはWCTのパイプラインマスターズに出場できるので、またそこに向けて、頑張ります!

Next ⇒ 脇田ファミリー・ノースショアライフ / ” Takayuki Wakita “#3@Waimea

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

latest

最新記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

商品に関するお問合わせはこちらから