2019.03.18 | WSL

DOVE BLOG

活躍する日本人選手 WQS ランキング& QS6,000 @シドニー

 

まず最初に、現在、オーストラリアではWSLの試合が立て続けに行われ、グレードの高い試合に日本人選手が出場し活躍しています。

その中で、DOVEライダーの脇田紗良選手が、3,000の試合で準優勝し6位に付けていましたが、前回の試合ではラウンド3で敗退した為、現在12位にランクダウン。しかし、日本人最高位につけています。@ QS 3,000 Sisstrevolution Centaral Coast Pro, Finalist

そして、ハワイ出身の日本国登録の前田マヒナ選手が25位。Pohto: Mahina Maeda

他、都築アムロ選手が27位、大村ナオ選手が35位、西本エミリ選手が43位と今までに無かった世界で活躍する日本人選手に期待がかかります。

またメンズでは、稲葉レオ選手が8位と言う上位につけ、昨年までCT戦に出場していたジャパニーズオージーのコナー唐沢オレアリー選手が10位。前回のQS 6,000 Burton Automotive Proでラウンド5まで勝ち上がった、大原ヒロト選手がジャンプアップし28位とベスト50に数名の日本人選手がランクインしています。

まだ始まったばかりですが、ランクインする事は上位まで勝ち上がらないとゲットできない高ポイントな為、至難の技です。

今後の活躍にも期待したいところです。

そして、QS 6,000 Vissla Sydney Surf Pro と Sydney Women’s Pro が本日よりスタート!!

本日は、メンズ・ウィメンズ共にラウンド1が行われました。

先ずメンズでは、稲葉レオ選手がトップ通過。西ケイジロウ選手が2位でラウンドアップ。惜しくも大橋カイト選手は3位ではいたしました。

今日は途中までで終わり、この後の日本人出場選手は、田中大貴・安室ジョウ・新井ヒロト選手が出場します。(この試合はグレードが6,000なので、出場枠が上位の選手しか出れません。)

続いてウィメンズは、橋本レン選手は7点台のグッドスコアーを2本決めトップ通過。田代なぎさ選手と都築アムロ選手が2位でラウンドアップ。大村ナオ選手、黒川日菜子選手・松田氏の選手は残念ながら敗退しました。

そして、明日以降に行われるラウンド2に脇田紗良選手がヒート10にクレジット。

ラウンド3にはシードされている前田マヒナ選手が、ヒート1にクレジットされています。

スコアリング詳細はこちら↓

ウィメンズ:http://www.worldsurfleague.com/events/2019/wqs/2967/sydney-womens-pro-pres-by-sisstrevolution/results

メンズ:http://www.worldsurfleague.com/events/2019/mqs/2968/vissla-sydney-surf-pro/results

東京オリンピックが来年に迫り、他のスポーツ同様ここで勢いを付けて今年こそ頑張って欲しいです。

日本人選手の皆さん頑張ってください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

商品に関するお問合わせはこちらから