×

HOT SUITS着用方法

毎年多くのオーダーを頂いている「HOT SUITS」
生地厚、ファスナー構造のバリエーションが増え『寒冷地の物』というイメージも無くなってきたのではないでしょうか。

湘南でのサーフィンが多いい私自身も真冬は2mm HOT SUITSで快適にサーフィンを楽しんでいます。

ここではHOT SUITSの着用方法をあらためてご紹介。
間違った着用方法は「冷え」「汗・蒸れによる不快感」「過剰な水の侵入」につながります。
快適なHOT SUITSでのサーフィンにぜひお役立てください。

-グローブ・フードの着用が基本-
HOT SUITSは完全防水を約束する物ではございません。
手首・首から水の侵入が多少なりともあります。
ただ、グローブ&手首バンド(付属)とフードを正しく着用する事で水の侵入を軽減できます。

首の上部をフードで覆う事で首からの浸水を軽減できます。
昔と異なりフードの生地厚も3/2mm ・ 2/1mm ・ all1mmとバリエーションが豊富です。
薄手の物であれば首周りの動きを妨げずに着用いただけます。
フードは必ずホットスーツの外側に出して被ってください。
(キャップは頭部の保温には効果がありますが首から入る水を軽減させるには不向きです)

フードの顔まわりはドローコードで絞ることが可能です。

ネック上部は中に折り込んでください。
シワが出来ると水が入る原因になるのできれいに折り込むのがポイントです。

グローブは手首の2重部分に挟んでください。
シングル手首の場合はグローブの上に手首パーツが来るように着用してください。

グローブとバンドの着用はこちらの動画を参考にしてください。
>>>グローブのはめ方

着用が基本とお伝えしましたが暖かくなりグローブ・フードを付けずにサーフィンする方がいるのも事実です。
そんな際でも手首のバンドは必ず着用してください。
バンドをする事で浸水は軽減できます。

フードをかぶっていない場合、ドルフィンスルーの仕方で水の侵入が大きく変わります。
ドルフィン時、下を向くのではなく首をすくめるようにしてドルフィンする事で首の後ろに
波が当たるのを回避できます。

おすすめの防寒アイテムはこちらからどうぞ>>>防寒アイテム

-インナー・靴下の着用が必須-
HOT SUITS着用の際にはインナーと靴下を必ず着用してください。
冷えの防止、汗・侵入した水を吸湿拡散させ内部を快適に保つ役割があります。

インナー・靴下は吸汗性と速乾性に優れた物がおすすめです。
綿は速乾性にすぐれないためお勧めできません。
必ず長袖・長ズボンを着用してください。

たまにインナー無しや、普通のTシャツでHOT SUITS来ているサーファーを見かけますが、ベタつき・蒸れ・冷えの原因となりHOT SUITSの快適性が大きく損なわれます。
湘南などの比較的暖かい地域こそ吸汗性と速乾性に優れたインナーを着用する事で内部を快適に保つ必要があります。

寒冷地では厚めのインナーを選んでください。インナーを重ねて着用するのもおすすめです。

こちらのブログもホットスーツのオーダー、着用の参考になりますので合わせてご覧ください。
HOTSUITS「POPEYE」の着脱方法をご紹介!
軽く気心地の良い『2mm HOT SUITS』!
高い保温性と防水性の『HOT SUITS / 3.5mm 4.5mm』をご紹介!
真冬のサーフィンも快適に過ごせる『2mm HOT SUITS』

合わせるアイテム・インナーの選び方次第で湘南から北海道まで着用可能な素晴らしいアイテムです。
正しい着用方法で快適なウインターシーズンを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

latest

最新記事

カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

商品に関するお問合わせはこちらから